風俗は偉大と思った時の体験談です。

風俗は偉大!

あの日見た人妻の名を僕はまだ忘れない

投稿日:2017年6月11日

あの日、僕が出会った人妻風俗嬢の名を忘れません。この前、僕は彼女に振られ撃沈していました。「もう生きている意味がない」って思ってしまうほど、大好きな彼女だったんです。そんな子に振られたら立ち直ることもできないですよね。それもあって、僕は半分ヤケクソで風俗を使ったんです。「あの子以外の彼女はもういらない」と思っていたため、人妻のデリヘル嬢を呼びました。デリヘルはかなり使いやすくて、しかも人妻なら好きになることもないから良いって思ったんです。しかし、プレイしてくれた相手は、人妻の割には若くて魅力的な人でした。素敵なプレイをしてくれて、本当に気持ち良かったです。僕は彼女の名前を忘れることはないでしょう。その名はミズキちゃん。ちゃん付けはちょっとおかしいですが、人妻は本当に優しくて最高です。気になるという方は、ぜひ使ってくださいよ。特に理想的な彼女とかに振られた方には、おすすめしたいですね。もっと他にも良い女性がいるって思えますよ。

人妻って距離感が近いから良いよね

人妻って距離感が近いから、親しくなれる気がします。風俗嬢って若い子も良いですが、素人の子とかって、結構冷たい時がありますからね。性格が悪い子に当たったら、その店は二度と使いませんよね。そういうことがそもそもないのが、人妻のデリヘルだと思います。僕も最近は風俗の中では、デリヘルを使っていて、人妻ジャンルの店を使っています。そういう店の女性は、とにかく距離感が近い。「ねぇ、いつもこういう店使っているの?」と密着されて聞かれたら、誰でも興奮してきますよね。それに、人妻って大人のフェロモンなのか、なんかいやらしい匂いがしてくるんです。それを嗅いでいるだけで、興奮してくることは間違いないのではないでしょうか。少なくとも、僕はそう思っています。まだまだ風俗は使いたいと思っているし、何より人妻は欠かせません。この手の業界に革命を起こしたジャンルだと言えるのではないでしょうか。僕の場合は、これからも確実に使い続けるだろうと思いますよ。